2117年06月24日

単身赴任で行こう!概要

 辞書によると、単身赴任とは「所帯持ちが、家族を置いて一人で任地におもむくこと」だそうです。
 実際には、それぞれの家族の状況によりやむなく単身赴任しているのが現状ではないでしょうか?
 子供の進学、親の介護、共働き、家族の病気治療など・・・本当に大変な時期のため選択肢として単身赴任せざる得ない方が殆どだと思います。
 中には、家族と離れて自由に暮らしたいとか言われる方もいますが・・・そんな理由で単身赴任するのは如何なものかと思います。
 ある意味、修行僧のごとく清貧に日々を暮らさざる得ない・・・ネガティブなイメージではなく、逆にそんな暮らし方を楽しみたいものです。

概  要

 私、友墨一朗(プロフィール)が自身の単身赴任でドタバタした経験から単身赴任に役立つかもしれない情報を次のとおり掲載しています。
 

 このブログは、元々、同名のホームページに掲載していたものを掲載しています。
 既に、定年退職をして単身赴任することがなくなった現在では、私の忘備録的ページとなっています。
 スマホで訪問される方でも見易い様にするためレスポンシブ対応のブログをカスタマイズしています。

posted by 友墨 一朗 at 13:32 | 概要と更新情報
2017年06月24日

自己紹介

友墨 一朗(ともずみ いちろう)と申します。
よ(^0^)ろ(^◇^)し(^▽^)く(^ο^)ね(^ー^)

 平成16年春からはじまった単身赴任は、平成23年春、唐突に終わりました。・・・終い結果

家族構成妻、長男、長女、二女・・・持ち家の町内に私の母親(平成18年、単身赴任中に父を送りました)
年  齢満50歳(単身赴任が始まった平成16年当時)
本命星一白彗星
星  座さそり座
転  居会社に入社してから転居8回、9回目の転居で単身赴任、単身赴任のまま10回目、11回目・・・
遂に!12回目の転居で自宅に戻りました!(平成23年春)
(どちらかと言うと住む所が変わるのは好きかもしれない・・・)
仕  事電気関係の現場技術者でしたが、今は苦手なディスクワーク(^_^;)をしています〜〜〜
(現場で、あぁでもないこうでもないの方が楽しい)
転  勤府県を越えて、遂に13回
趣  味多趣味の無趣味
(姿からのめり込む方ですが、ある程度極めると飽きる)
嗜  好コーヒー、映画鑑賞(アニメ、アクション)、読書(漫画、推理小説)
たばこは吸いません。お酒はお付き合い程度・・・
座右の銘ケセラセラ(考え込む方なので・・・)どうにかなるさぁ〜
ホームページ作成お酒、ギャンブルは嫌い、仕事が終われば棲家へ直行・・・
一人では、持て余す時間、何かしないと・・・
HTMLて何?から始めました

posted by 友墨 一朗 at 16:08 | 概要と更新情報

単身赴任の始まり

 転勤族の身でありながら、子供たちの転校、嫁様への負担等々思い悩み、 一大決心をして、住宅ローンを組み、建てた家族のためのマイホーム、家族と離れるのは勿論、経済的にも単身赴任をする余裕などはありません。

 「出世なんか望まない」と豪語する私に・・・ 嫌がらせかと思うような転勤にも片道2時間30分をかけて、9年間通勤!退職まで両手の指で折れる歳になった。

 ところがところが、給料は下がる一方、遂に恐れていたリストラの危機!万事窮すか・・・自棄のやけくそで中間管理職試験を受けると・・・何をどう間違えたか合格・・・まもなく発令された辞令は、単身赴任を伴う転勤命令・・・今更格好良く 「辞めます!」という事もできない。
 辞めたら最後、家族を養うための、再就職に世間は甘くない。

 愛する家族を残し、心とは裏腹に単身赴任を決意し「俺には、一人でやりたいことが沢山ある!」と宣言・・・もう、単身赴任するしかない!

 辞令の出た日からは、慌ただしく単身赴任の準備・・・
 余りにも時間的余裕がなく・・・
 赴任日を迎え、愛車に、寝袋、コッフェル、バーナー・・・て、まるでキャンプに行くような荷物を取りあえず積み込み、いざ出発!となりました。

 さてさて、二十数年ぶりの一人暮らしは・・・どうなることやら・・・ケセラセラ。

posted by 友墨 一朗 at 15:07 | 概要と更新情報

単身赴任が終わった結果報告

 平成16年春から始まった単身赴任は7年の歳月とその間に3回の転勤と引越しを行い平成23年春に・・・
 一応、終了?しました。
 この7年間に、3人の子供達が大学に進学し、内2人が卒業しました。また、義父、義母、父を1年ごとに続けて見送りました。
単身赴任が終わった

転勤命令

 福井での単身赴任も担当する業務の継続性から3年目を覚悟して生活をしていたところ、あの東日本大震災の発生と時を同じくした転勤の話・・・
 それは期待していた自宅通勤ができる勤務地ではありませんでした。
 このまま転勤したのでは、「担当プロジェクトを投げ出す形になり何とも納得出来ない。」旨の申し出をしましたが、「転勤は決定事項。担当プロジェクトは、チーム内からリーダーを選び齟齬がないように・・・」と、最後通告を受けてしまいました。

引越し

 赴任まで2週間程度しかなく引越しの準備をはじめました。引越し繁盛期でしたが、クロネコさんの単身赴任パックを予約。
 借りていたマンション、光熱関係、インターネット等の手続きを進め、ほぼ完了し、来週末には、いよいよ福井から新天地へという時期に突然の異動保留・・・
 なんじゃこりゃ!と激怒する私、結局、すったもんだした後(くわしく書けません)、異動はさらに1週間遅れ、赴任先は、自宅から通勤できる場所となりました。(ひょっとしたらラッキー???次の転勤が怖いような気がする・・・)
 それからが大変で、手続きの変更、特に、クロネコさんには、引越し日、配送先の変更と繁盛期に関わらず丁寧に対応していただき感謝しています。
 自宅に持って帰れないガスコンロ、エアコン、照明、家具を業者を呼んで処分しましたが、幸い、無料引取りとなりました。
 まだ、定年までに4年の歳月を残しており捨てるに捨てれない単身赴任セットを何とか、かんとか自宅の客室と駐車場に押し込み引越しを完了しました。
単身赴任が終わった

何とか収まった

 流石に7年の単身赴任は長く、荷物は3倍ほどに増え、収まりが付かず妻からは「思い切って処分できる物は、処分してください。」と顔を見て言われました。
 不要なものとは・・・ひょっとして・・・俺のこと?何とも意味深な言葉。自宅にあった私の宝物?バイク、JBLのスピーカー、電気部品、服などを処分し、さらに、実家で一人暮らししている母親に頼み、収納場所を確保しました。
 幸い、私も処分されず居場所を確保することが出来ました。

単身赴任を振り返ると

 単身赴任の7年間を振り返ると、私生活にも大きな変化がありました。
 4人の親の内、3人が鬼籍にはいり、3人の子供は、2人が社会人、末の娘が大学生・・・父親として子供に関わらないといけない大事な時期に、大きく関わっていなかった事を思い知らされました。

戸惑いながら・・・

 マイホームにガタが発生しており日曜の度に、素人大工をしています。
 屋根、外壁塗装など素人が手が出せない箇所は業者さん入って貰っています。
 家族と一緒に居れることは大変な幸せです!このまま、定年まで・・・このままで、・・・
単身赴任が終わった
 追記:平成27年3月吉日、無事定年退職しました。
posted by 友墨 一朗 at 14:18 | 概要と更新情報